FC2ブログ

写真家 岡田敦 - Office Okada | Official Blog

I kiss the world by taking the photograph

■ 雑誌『スタジオNOW』インタビュー記事掲載 / 2018年1月号

写真家の活動を通じて社会が動いていくことの価値
作家の表現活動が写真業界の枠を超えて社会に広まっていく意義を考える

 2008年木村伊兵衛写真賞、2014年北海道文化奨励賞を受賞。写真家・岡田敦氏は、北海道・根室沖に浮かぶ無人島 “ 幻の島 ユルリ島 ” の撮影を続けている。その活動が評価され、2017年、第33回「写真の町 東川賞」特別作家賞を受賞した。岡田氏の活動を通じてユルリ島がふたたび歴史の表舞台に出はじめたこと、地域全体が歴史的社会的価値の気づきを得ていることなどについて伺った。


岡田敦_2018_0108_1


― 受賞理由の、ユルリ島での活動について。
岡田氏 「ユルリ島の野生馬」は、北海道・根室沖にある無人島に生息する野生馬を追ったシリーズで、2011年から撮影を始め、今年で8年目になる。ユルリ島には1950年頃、昆布漁の動力としてはじめて島に馬が持ちこまれたと聞いている。当時、漁師たちにとって馬は生活に欠かせない存在だった。その後、機械化の時代を迎えるとともに馬たちはその役目を終え、1971年に最後の漁師が島をあとにし、馬だけが島に残された。漁師たちは5年ごとに牡馬を入れ換えるなど島の馬の生態系を管理していたが、高齢化が進み、2006年に雄馬を島から引き上げ、雌馬だけが島に残ることになった。彼女たちは、いずれこの島で土に帰る。かつて地元新聞の記事でユルリ島を知った私は、歴史や自然を写真に残し、島から馬がいなくなった時、こうして作品として残すことによって社会的にも大きな意味をなすだろうとの思いで、上陸許可を求めた。ユルリ島は北海道の天然記念物に指定されており、通常では上陸することができないが、歴史を記録する趣旨で、根室市の委託というかたちで許可が下りた。私が初めて島に上陸した 2011年の夏には12頭いた馬は、2017年の夏には3頭まで減っている。冬場はマイナス15度にもなる厳しい環境のユルリ島は、遮蔽物がないフラットな地形。そのなかで馬たちは、野生動物と同じようにただ生きるために一日中草を食べ続ける。こうした馬たちの生の営みを写真に収めることは、消えゆく馬たちの命を見送ることでもあると考えている。たとえば、これまでユルリ島で命を紡いできた馬たちがいなくなってから、新たに別の馬を連れていっても、その後、島の馬の歴史を継承できるかというと、それは難しい。何十年もの時間のなかで、ユルリ島の馬たちはその環境で生き抜くすべを学び、そして子孫に継承してきた。水が湧く場所や厳冬期の餌(アイヌミヤコザサ)の探し方など。もともとは人間が教えたことを、馬たち自身が脈々と伝えてきたのだ。いま生きている3頭がすべて死んでしまったら、それを継承するルートが途絶えてしまい、新たに馬を放しても、生き延びら れないのではないだろうか。そんなユルリ島には、死んだ馬の屍も横たわっている。眠っているように見えるものから、白骨化したものまで。こうした生と死の営みに “ 美の本質 ” を見いだした気がした。生きている馬の姿だけが美しいのではなく、この島で生き、死んでいった馬たちの姿も同等に美しく、それも含めて大きな “ 自然 ” であり、歴史の遺産なのだと感じている。


― 根室でもいろいろと動きがあったようで。

岡田氏 私の作品や活動が新聞など各方面でとりあげられ、根室の人々がユルリ島の現状を知ることとなり、島の文化的価値、歴史的価値の再評価にもつながっているようだ。そうしたなかで、2017年5月、北海道中小企業家同友会くしろ支部根室地区会が公開シンポジウム「ユルリ島はどうあるべきか」を開催。その際のメンバーが中心となって「根室・落石地区と幻の島 ユルリを考える会」を同年9月に設立した。馬だけでなく、高山植物、海鳥などがバランスを保って美しい風景を構成しているユルリ島の素晴らしさ、歴史的文化的価値を見直す活動に取り組んでいる。“ 北海道 ” は命名されてからまだ150年しか経っていない。歴史や文化を継承する土壌はまだ成熟していないし、自然は当たり前に存在するものだった。だが、それらを守ってゆかなければという空気が少しずつ醸成されてきたのを感じる。その土地の自然や風土を守ることで、歴史・文化が継承され、それが地域の魅力となり、結果として観光に寄与することもあるだろう。まずは価値を見出すこと、発信することによって、文化的意義や歴史的価値をあらためて見直してゆくことが重要だと考えている。


― 根室に、岡田さんの作品を展示する施設をつくる計画もあるとお聞きしたが。

岡田氏 ユルリ島の魅力を発信するためのひとつとして、「根室・ 落石地区と幻の島 ユルリを考える会」がそうした施設の開設を目指している。私が昨年東川賞を受賞したことはこの上ない喜びだが、写真界の賞が業界を超え話題となり、一般社会に影響を及ぼすことなどそうはない。しかし、作品や活動がメディアを通じて発信され、地域社会が動き、このような会が設立されると、それがより大きな活動に変わってゆき、様々な可能性を生み出す。“ 社会がより豊かになること ”、それこそが芸術においてもっとも価値あることだと思っている。


岡田敦_2018_0108_2


※「スタジオNOW」2018年1月号より抜粋
 
 
  1. 2018/01/08(月) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連