FC2ブログ

写真家 岡田敦 - Office Okada | Official Blog

I kiss the world by taking the photograph

■ 『デジタルカメラマガジン』9月号 / 選評掲載

#岡田敦 #EPSON

#岡田敦 #デジタルカメラマガジン

『デジタルカメラマガジン』2014年09月号
フォトコンテスト・組写真部門の審査員をさせて頂きました。


※「今月のひとこと」から一部抜粋・加筆


 僕が写真家としての活動の拠点を東京に移したのは2003年の春でした。それからもう10年以上経ちますが、僕が東京にでてくるきっかけとなったのは、本当に偶然の出会いからでした。
 2002年、当時、大阪芸術大学で写真を学んでいた僕は、富士フォトサロン新人賞を頂き、その展覧会を東京でしていました。そこに偶然いらっしゃった写真家の細江英公先生が、初対面の僕に突然、「君は才能があるからうちの大学にきなさい」と、当時先生が教鞭をとっていらっしゃった東京工芸大学の大学院に誘ってくださったのです。その時ほど、人生は人との出会いでこんなにも大きく変わるのだなと感じたことはありません。
 細江先生からは本当に多くのことを学びました。いまでも鮮明に覚えているのは、「最高のプロフェッショナリズムは、アマチュアリズムである」「本当にいい仕事をしている写真家は、アマチュアリズムの真髄をもっている」とおっしゃっていたことです。本物の写真家は、お金が儲かるか儲からないかで写真を撮ったりはしない、本当にいい仕事は、決してマーケティングからは生まれない、目先の評価を気にせずに、歴史に判断される作品をつくること、そうした作家としての姿勢を細江先生から学びました。
 みなさんの作品を拝見させていただいていると、いつも先生の言葉を思い出します。そして自分もアマチュアリズムの精神を持ち続けなければいけないなと感じます。アマチュアであることに気後れすることなく、アマチュアリズムを貫き通すというプロフェッショナリズムを、みなさんも、そして僕自身も持ち続けなければいけないなと強く思います。


□ デジタルカメラマガジン 2014年9月号選考〈組写真部門〉
http://ganref.jp/photo_contests/winners/412
 
 
  1. 2014/09/16(火) 00:00:00|
  2. 雑誌掲載