FC2ブログ

写真家 岡田敦 - Office Okada | Official Blog

I kiss the world by taking the photograph

■ 写真集『I am』 / My fourth photograph collection "I am"

第33回木村伊兵衛写真賞受賞作品
岡田敦写真集『I am』
アートディレクション: 町口景(マッチアンドカンパニー)
価格:2800円+税
刊行:2007年07月24日
発行:(株)赤々舎


舟越桂(彫刻家)
キズを持つ彼らをわかろうとした人がいた‥‥‥。というよりも、
その写真家の心に対して この若者たちが示した理解と安らぎが、
寄りそえた時間の証しと記録として 現れたのだと思う。



朝日新聞 仕事力 姫野希美「写真界に風穴を開ける」より
生々しい、という美しさ

 編集出版した『I am(アイ アム)』(著者・岡田敦)という写真集は第33回の木村伊兵衛賞をいただきましたが、初めてその写真を見た時の強い印象を今も鮮明に覚えています。数ミリ単位で刻まれた、生々しい傷跡が何十本も手首からずっと上まで続く細く白い腕。若い人のきゃしゃな裸体。真っすぐにこちらを見る被写体の表情。かなり長い間、見ていたような気がするのですが、私は美しいと思いました。生きにくさを感じながらもギリギリのところで生きている切迫感やせつなさが写っていたのです。

 それは理屈とか価値観で非難したり隠したりするものではありません。今、この時代に明らかに呼吸している人間の姿です。美しさってすでに存在しているものではなく、常に新しく生み出されてくるものだと思います。従来の基準で、きれいとか汚れているとかを判断するものじゃない。その新しさに巻き込まれながら、人間の普遍的な生々しさに届いた表現がアートなのだと思います。だからひりつくような真っすぐな写真が美しかった。


朝日新聞 仕事力 姫野希美 2010年01月17日
http://www.asakyu.com/column/?id=793
  1. 2010/05/01(土) 00:00:05|
  2. 写真集「I am」関連