fc2ブログ

写真家 岡田敦 | Okada Atsushi

I kiss the world by taking the photograph

■ 写真から100年

okadaatsushi_tokyo

東京都写真美術館で開催されている東京工芸大学の創立100周年記念展「写真から100年」に参加しています。

思い返せば、大阪芸術大学の写真学科に通っていた僕が、東京工芸大学の大学院に進学することになったのは、当時、東京工芸大学で教べんをとられていた写真家の細江英公先生に声をかけていただいたことがきっかけでした。作家の三島由紀夫をモデルにした「薔薇刑」、舞踏家の土方巽とのコラボレーションによる「鎌鼬」など、世界の写真史に残る名作をいくつも生み出してきた細江先生から、その創作の背景を直接うかがえたことは、僕にとってとても貴重な時間でした。

「写真から100年」、細江先生の「薔薇刑」も展示されています。僕の作品は1点だけですが、お近くの方はぜひお立ち寄りください。



東京都写真美術館
東京工芸大学 創立100周年記念展「写真から100年」
2023.11.11(土)~12.10(日)
毎週月曜日休館

2023年は東京工芸大学の創立100周年にあたります。 これを記念して、東京工芸大学の歴史と伝統をたどりながら、東京工芸大学と日本写真界との関わりや、テクノロジーとアートを融合する写真の教育と研究を原点として、工学部と芸術学部を擁する総合大学へと発展した東京工芸大学の特色を紹介する展覧会を開催いたします。

展覧会は4部構成となっており、第1部は「工芸ヒストリー」として、日本にける写真教育のルーツを紐解きながら、1923年に当時最先端の写真専門の高等教育機関である小西寫眞専門学校として創立してから現在までの歩みを、第2部は「活躍する卒業生」として、多彩な出身写真家たちの作品、第3部は「写大ギャラリーコレクション」として、国内有数の写真作品コレクションとして知られる東京工芸大学の公開施設である写大ギャラリーの所蔵作品、第4部は「次の100年に向かって」として、未来を創造する東京工芸大学の工学部と芸術学部の共同研究によるプロジェクトやメディアアート作品などを紹介していきます。

https://topmuseum.jp/contents/exhibition/index-4589.html

okadaatsushi_tokyo

#東京都写真美術館
#東京工芸大学 #写真から100年
#細江英公 #薔薇刑 #岡田敦
 
 
  1. 2023/11/25(土) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 展覧会図録『神田日勝 × 岡田敦 幻の馬』

神田日勝_岡田敦_幻の馬

神田日勝_岡田敦_幻の馬

神田日勝_岡田敦_幻の馬

展覧会図録『神田日勝×岡田敦 幻の馬』

展覧会の図録ができました。

今回の展覧会は僕がこれまで作ってきたユルリ島にまつわる作品の「幹」のようなもので、6月に出版した書籍『エピタフ』は、その「幹」から派生した「枝葉」のようなものだと考えています。

作品としての意味合いや役割はそれぞれ違うのですが、どちらも必要として生まれてきた作品であって、展覧会と書籍、その二つが合わさることで初めて“ユルリ”という北辺の海に浮かぶ孤島の全容が見えてくる構成になっています。

創作の意図などは、図録に収録されたインタビューで語っています。300部しか作らなかったので会期中になくなるかもしれませんが、神田日勝記念美術館と美術館のオンラインショップでお買い求めいただけます。

展覧会「幻の馬」、そして『エピタフ』と合わせ、図録もご覧いただけると幸いです。



展覧会図録
『神田日勝×岡田敦 幻の馬』

収録:企画展「幻の馬」記念インタビュー
岡田 敦 “消えゆくもの”へ、思いをめぐらせて。

発売:2023年8月11日
価格:1,500円+税
判型:210mm×148mm
総頁:28ページ

企画構成:川岸真由子、立田栞那
編集:川岸真由子、杉本圭吾
デザイン:青坂さつき
発行:神田日勝記念美術館

オンラインショップ
https://kandanissho.com/store/



  1. 2023/08/19(土) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 神田日勝記念美術館 講演会

幻の馬_岡田敦_神田日勝

神田日勝記念美術館
開館30周年記念展Ⅱ
神田日勝 × 岡田敦 幻の馬



展覧会「幻の馬」の開幕から1週間がたちました。オープニング・トークには定員を上回る多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

今回の企画展の話が正式に決まったのは昨年の春。それから1年と数カ月の間、展示の構成をどうするのか、お互いの作品をどう並べるのか、展覧会のタイトルは何が良いのか、そうしたことを一つひとつ考えながら日々を過ごしてきました。

もちろん頭を悩ますことも多くあり、そうしたときに僕が最も相談をした相手が、ほかでもない“神田日勝”その人だったように思います。もちろん彼は黙ったまま、返事はいつもしてくれませんでしたが、絵の中に宿った日勝の「声なき声」に耳を傾け、ふたりでたくさんの会話をしてきたように思います。その無音の会話の痕跡を、美術館に展示された作品から感じていただけると幸いです。

8月27日の日曜日、神田日勝の生涯とその画業をしのぶ“馬耕忌”(ばこうき)という集いで、講演会をします。ご予約は美術館のウェブサイト、またはお電話にて受け付けております。ぜひお気軽にご参加ください。


馬耕忌記念講演
“ユルリ島の馬”と“未完の馬”
8月27日(日) 14:00~15:30

予約受付
https://kandanissho.com/xo_event/xo_event-1286/
TEL:0156-66-1555


神田日勝記念美術館
開館30周年記念展Ⅱ
神田日勝×岡田敦 幻の馬
2023年8月11日~10月28日

神田日勝記念美術館
北海道河東郡鹿追町東町3丁目2

  1. 2023/08/18(金) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 神田日勝記念美術館 関連イベント

神田日勝 岡田敦 幻の馬

神田日勝記念美術館
開館30周年記念展Ⅱ「神田日勝×岡田敦 幻の馬」


神田日勝記念美術館での展覧会「神田日勝×岡田敦 幻の馬」(2023.8.11~10.28)では、関連イベントとしてオープニングトークと講演会をおこないます。詳細と申込方法が美術館のウェブサイトにアップされました。

オープニングトークの申込は7/20から、講演会の申込は8/1からです。ぜひ皆さまお誘いあわせのうえ、お気軽にご参加ください。詳細は美術館のウェブサイトをご覧ください。
 
 
オープニング・トーク
日時:8月11日(金・祝) 14:00~14:40

会場:本展会場

定員:40名程度
申込:TELにて申込
TEL:0156-66-1555
申込期間:7/20(木)~8/6(日)
参加無料(要観覧券)
 

第31回馬耕忌記念講演
「“ユルリ島の馬”と“未完の馬”」

日時:8月27日(日) 14:00~15:30

会場:鹿追町民ホール ミュージカルホール

定員:150名程度
申込:TELまたは美術館HPにて申込
TEL:0156-66-1555
申込期間:8/1(火)~8/26(金)
参加無料(要申込)

申込方法などは下記ページをご覧ください
https://kandanissho.com/xo_event/xo_event-1286/
 
 
神田日勝記念美術館
開館30周年記念展Ⅱ

神田日勝×岡田敦 幻の馬
2023年8月11日~10月28日
http://kandanissho.com

  1. 2023/07/15(土) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 神田日勝記念美術館 開館30周年記念展Ⅱ 神田日勝×岡田敦 幻の馬

幻の馬 神田日勝 岡田敦


8月11日から北海道の鹿追町にある神田日勝記念美術館で展覧会をします。

北海道を代表する画家・神田日勝(1937-1970)。僕が初めて日勝(にっしょう)の絵を眼にしたのは小学生のときでした。場所は家族で行った北海道立近代美術館だったと思います。

新聞紙を壁一面に貼りつくした狭い部屋の中で、浅黒い顔をした大人の男性がひざを抱えて座っている。その絵の中にたたずむ異様な雰囲気の人物と眼が合ったとき、僕は初めて“大人になること”を“怖い”と感じました。

「室内風景」と名付けられたその作品。そして「牛」や「死馬」といった、亡くなった家畜をモチーフとした絵を日勝はどうして描いたのか。あるいは描かざるをえなかったのか。子どもの頃にはその理由など分かりませんでしたが、大人になり、人を撮ること、ユルリ島の馬と向き合うことを通じて、いまは日勝の気持ちが分かるような気がします。

鹿追の地で馬耕に勤しみながら日勝が絵を描いていた1950年代、60年代。それは根室沖にあるユルリ島で人と馬とがともに生きていた時代と重なります。

いまから50年、あるいは60年以上も前に日勝の手によって永遠の命を吹き込まれた鹿追の馬。その時代を人とともに生きたユルリの馬の血脈を受け継ぐ最後の末裔。閉ざされた空間から外へ出ることのなかった「馬」たちが、鹿追の地で「邂逅」します。馬たちの呼応を観に、ぜひ美術館にいらしてください。


岡田 敦


幻の馬 神田日勝 岡田敦


神田日勝記念美術館
開館30周年記念展Ⅱ


神田日勝×岡田敦 幻の馬
2023年8月11日~10月28日



《オープニング・トーク》
日時:8月11日(金・祝) 14:00~14:40
定員:40名程度
申込:TELにて申込(0156-66-1555)
申込期間:7月20日(木)~8月6日(日) ※開館時間内にお申込ください
参加無料(要観覧券)

《第31回馬耕忌記念講演》
「“ユルリ島の馬”と“未完の馬”」
日時:8月27日(日) 14:00~15:30
定員:150名程度
参加無料(要申込)
※申込方法は第31回馬耕忌のチラシおよび美術館HPにてご案内します



神田日勝
1937年東京生まれ。終戦直前の7歳のときに一家で北海道の鹿追に入植する。農業をするかたわら独学で油絵をはじめ、北海道を代表する画家として評価を得つつも、32歳の若さで夭逝した。NHK連続テレビ小説「なつぞら」(2019)に登場した山田天陽のモチーフとなった画家。

岡田敦
1979年北海道生まれ。2008年に“写真界の芥川賞”とも称される木村伊兵衛写真賞を受賞。2011年に初めてユルリ島に渡島し、同島での作品制作を開始する。2023年にユルリ島での10年余りにわたる活動の記録をまとめた書籍『エピタフ 幻の島、ユルリの光跡』を発表。


神田日勝記念美術館
北海道河東郡鹿追町東町3丁目2
開館時間: 10:00~17:00
TEL: 0156-66-1555
http://kandanissho.com


#幻の馬
#神田日勝
#岡田敦
#ユルリ島
#神田日勝記念美術館
  1. 2023/07/04(火) 18:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 神田日勝 × 岡田敦 幻の馬

神田日勝 岡田敦 幻の馬


神田日勝記念美術館

開館30周年記念展Ⅱ
神田日勝 × 岡田敦 幻の馬


2023年8月11日 - 2023年10月28日


本展は、神田日勝記念美術館が所蔵する神田日勝の絵画が並ぶ空間で、北海道出身の写真家・岡田敦の作品群をご覧いただける、コラボレーション企画展です。
北海道根室半島沖に浮かぶ「ユルリ島」。戦後高度経済成長期に漁業の場となっていたこの島は、現在は北海道の天然記念物に指定された無人島となり、かつて島民の生活を支えていた馬たちの子孫が、人の営みから遠く離れ、数頭の群れをなして暮らしています。そんな彼らの姿をおさめた岡田の写真は、いずれ消えゆく命を捉えながらも、えも言われぬ幻想的な空気をまとっています。
日勝もまた戦後50年代、60年代を鹿追で馬耕に勤しみながら過ごし、未完の馬の絵をのこして32歳で夭折しました。半身の姿で永遠にのこされることとなった馬は、観る者の想像力を掻き立て、その幻の完成像を各々の胸中に抱かせることでしょう。
日勝の手、岡田の眼によって、作品として永遠の命を吹き込まれた「馬」たちの「邂逅」にどうぞご注目ください。



● オープニング・トーク
日時:8/11(金・祝) 14:00~14:40
会場:本展会場
参加無料(要観覧券)

● 第31回馬耕忌講演会
日時:8/27(日) 14:00~16:00
会場:鹿追町町民ホール

※詳細は展覧会チラシおよび美術館HPにてご案内します。
http://kandanissho.com

神田日勝記念美術館
北海道河東郡鹿追町東町3-2
tel 0156-66-1555



#神田日勝
#岡田敦
#幻の馬

#鹿追町
#神田日勝記念美術館

 
  1. 2023/03/12(日) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 告知

okadaatsushi_2020_autumn_s.jpg

秋に写真展を開催いたします
詳細は後日発表いたします

#PhotoExhibition
#LightattheEdgeoftheWorld
#OkadaAtsushi
#Autumn2020
#Tokyo
 
 
  1. 2020/08/12(水) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 展覧会のお知らせ / 東川町国際写真フェスティバル

岡田敦

第35回東川町国際写真フェスティバル
歴代受賞作家屋外写真展


北海道東川町で毎年夏に開催される東川町国際写真フェスティバル
今年で35回目を迎え、これまでに国内外150名の写真家が写真の町東川賞を受賞してきました
今年のフェスティバルでは、今年度の受賞作家作品展のほか、歴代受賞作家6名の現在の活動を紹介する屋外写真展が開催されます
町の玄関口付近には、2メートルを超える岡田の大型作品が14点展示され、夏の東川町を彩ります
北海道の開放感の中、冒険をするようにワクワクしながら作品世界を楽しむことができる屋外写真展です
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください


第35回東川町国際写真フェスティバル
歴代受賞作家屋外写真展「写真と冒険」
期間:7月30日(火)〜8月28日(水)
場所:北海道東川町
https://photo-town.jp

出展作家
岡田敦(第33回 東川賞特別作家賞受賞作家)
野村佐紀子(第33回 東川賞新人作家賞受賞作家)
佐藤時啓(第31回 東川賞国内作家賞・第6回 東川賞新人作家賞受賞作家)
石塚元太良(第30回 東川賞新人作家賞受賞作家)
中藤毅彦(第29回 東川賞特別作家賞受賞作家)
吉野英理香(第34回 東川賞新人作家賞受賞作家)

北海道東川町
旭川空港から車で約10分
旭川駅から車で約20分
札幌から約150km

<お問い合わせ先>
東川町写真の町実行委員会事務局
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1-19-8
東川町写真の町課 東川町文化ギャラリー
TEL:0166-82-4700
FAX:0166-82-4704
https://photo-town.jp
 
 
  1. 2019/07/24(水) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ 第33回東川賞受賞作家展



第33回東川賞受賞作家展のお知らせ

第33回東川賞受賞作家展にて、2011年から撮影を続けているユルリ島の作品を展示いたします。
2011年に12頭いたユルリ島の馬は、現在残り3頭となりました。
1951年から65年以上もの間続いてきたユルリ島の馬の歴史は、いま静かにその幕を下ろそうとしています。
かつて“馬の楽園”とよばれたユルリ島。是非この機会にご覧いただけると幸いです。

写真家 岡田敦



■ 第33回写真の町東川賞受賞作家展
【会期】 2017年7月29日(土)~8月30日(水)
【会場】 北海道<写真の町>東川町文化ギャラリー
【時間】 10:00~17:30・会期中無休
     *7月29日は15:00~21:00、最終日8月30日は10:00〜15:00
【料金】 200 円(町内100 円、7月29日、7月30日は無料開放)


■ 東川賞関連イベント
・7月29日(土)
 14:00~14:30 授賞式(会場:東川町農村環境改善センター・大ホール)
 15:00     テープカット(会場:東川町文化ギャラリー)
 15:30~17:00 受賞を祝う集い(レセプション)
・7月30日(日)
 13:00~17:30 受賞作家フォーラム/会場:東川町文化ギャラリー
 [パネラー]東川賞受賞者、東川賞審査員、ゲスト
 *展示された写真を前に東川賞受賞作家を囲み、創作の秘密、制作のコンセプトなどについての話しを聞くとともに、写真についての多面的なディスカッションを行います。


お問い合わせ:東川町写真の町課
〒071-1423 北海道上川郡東川町東町1丁目19番8号
TEL.0166-82-2111
FAX.0166-82-4704
E-mail:photo@town.higashikawa.lg.jp
 
 
  1. 2017/07/29(土) 00:00:00|
  2. 展覧会情報

■ tokyoarts gallery「photo mart vol.2」

下記展覧会に参加いたします

tokyoarts gallery「photo mart vol.2」


この度、tokyoarts gallery にて、「photo mart vol.2」を開催いたします。本展では、写真をより身近に感じてもらう事を目指し、作品だけでなく、手に取りやすい写真集も展示販売致します。参加作家が増え、さらに充実し、様々なアートフォトを気軽に楽しむ事ができる企画となりました。この機会に是非ご高覧くださいませ。

期 間:2016年5月17日(火) ~ 5月29日(日)
時 間:11:00 ‒ 20:00(最終日11:00 ‒ 18:00)
休館日:5月23日
レセプションパーティー:5月20日(金)18:00-20:00
場所:tokyoarts gallery
住所:東京都渋谷区東2-23-8
Tel:03-6427-6665

参加フォトグラファー
赤羽佑樹、池谷友秀、大原明海、大和田良、岡田敦、幸本紗奈、鈴木達哉、大門美奈、武田充弘、the GAZE、中藤毅彦、中村紋子、HASEO、HABU、HARUKI、広川泰士、福間海、Michael Hitoshi、舞山秀一、牧野智晃、町田良太、松岡幸宏、松田忠雄、明直樹、村越としや、Yaskichi、山路雅央、Yuiga、湯沢英治、渡辺一城

www.tokyoartsgallery.com
 
 
  1. 2016/05/08(日) 00:00:00|
  2. 展覧会情報
次のページ