写真家 岡田敦 - Office Okada | Official Blog

I kiss the world by taking the photograph

■ 北海道新聞に寄稿しました

北海道新聞(9月22日朝刊・金曜)に寄稿しました

ご意見・ご感想は下記のメールアドレス宛にお寄せください。頂いたご意見・ご感想は、個人情報をふせ、ユルリ島に関わる活動でご紹介させて頂く場合がございますので、あらかじめご了承ください。

Mail: message@okadaatsushi.com

#岡田敦 3


北海道新聞(9月22日朝刊・金曜)

 北海道根室半島沖に浮かぶユルリ島には、かつて昆布漁の労力として島に持ち込まれた馬の子孫が、無人島となったいまでも生きている。多い時には約30頭の馬が生息し、給餌を受けず、交配や出産は自然にまかされた。家畜としての役割を終え、島で自由に生きる馬の姿を見て、人はこの島を「馬の楽園」と呼んだ。エトピリカやケイマフリが囀り、立擬宝珠(タチギボウシ)や釣鐘人参(ツリガネニンジン)などの白花品種が咲き乱れる。貴重な生態系の中で命を紡ぎ、島の環境に順化してきた馬たちは、根室の歴史や風土が生みだした文化遺産とも言える。しかし2006年、元島民たちの高齢化もあり、牡馬が島から引き揚げられ、馬はやがて消えゆく運命となった。根室の昆布漁や馬産の歴史を振り返った時、その象徴的存在だったユルリ島の馬も、今年の初夏には3頭にまで減ってしまった。

 日本の馬の歴史を調べていた時、北方領土でかつて日本人に飼われていた馬の存在を知った。その馬は「千島馬」と呼ばれ、戦前の北方領土で自然放牧されていたという。冬になると馬は山間部の森林内でも生息し、餌がなくなると海岸に打ち上げられた昆布や魚を食べていた。その頃の北方領土は馬産地としても知られ、根室を合わせれば13,000頭もの馬がいたという。当時は漁師も馬を飼い、昆布を運ぶのも、舟を引き上げるのも馬だった。しかしロシアに占領されてからは、千島馬は食料化され減ってしまったらしい。
 千島馬の始まりは、漁場を求めて北方領土に渡った人たちが、漁を終え引き揚げる際、使役のために連れていった馬を原野に放ったことだと言われている。冬の間に森で野生化した馬たちは、翌年また漁に訪れた人たちに使役され、新たに連れてこられた馬と共に、漁が終わると再び原野に放たれた。越冬し生き延びた強い馬は、世代を重ねながら島の環境に順化し、やがてこの土地に適した耐寒性のある頑健な馬が誕生した。“自然に打ち克つことのできる、強い馬でなければ生き残れない”という環境の中で、馬は時代や人間に翻弄された生き物のようにも映るが、日本在来馬のように、千島馬もまたこの地域の歴史や風土を伝える文化的所産のように思う。

 今年5月、北方四島交流事業で国後島に行く機会を得た。初めて見る国後島の景色は、遠い過去の日に目にした風景を辿るようで懐かしかった。河原で馬の親子が草を食んでいる。柵で囲われているわけでも、逃げないようにロープで繋がれているわけでもない。所有者がいるのかも分からない馬と何度もすれ違った。かつて北海道でもこうした光景が広がっていたのだろう。
 視察先の図書館や博物館で、千島馬のことを尋ねた。ロシア人の男性が「日本人が出ていった後、多くの馬が島に残された。大きくて強い、重量のある馬だった」と教えてくれた。「千島馬の子孫はまだ生きているだろうか」と聞くと、「国後では特別な繁殖は行われず、馬は不規則な交配を続けた。だから私は、日本の馬の血が、国後の馬に残っていることを疑わない」と彼は答えた。そして「機械化が進む中で、国後の馬は急速に減少していった」と続けた。
 「culture」という言葉は、「耕す」を意味するラテン語「colere」に由来する。「土地を耕す」ことが「心を耕す」ことに転じ、「文化」という意味を持つようになったのだろう。その土地の歴史や風土、あるいは将来に受け継ぐことのできる文化であっても、それを耕し、育てなければ、気づかぬうちに失われてしまうものもあるのだろう。
 国後の河原で草を食んでいた馬の親子は、千島馬だったのだろうか…。やがてなくなってしまうのかもしれない光景を思い、いま改めて「文化」というものを考えている。




ユルリ島 ウェブサイト
http://okadaatsushi.com/yururi_island.html

ユルリ島 YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com
 
 

テーマ:北海道 - ジャンル:地域情報

  1. 2017/09/26(火) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『北海道新聞』2017年06月08日掲載

岡田敦s
 
 
  1. 2017/06/09(金) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『釧路新聞』2017年05月26日掲載

ユルリ島 保護か活用か 公開シンポで結論出ず

 道の天然記念物で鳥獣保護区であり落石漁協が所有する無人島「ユルリ島」をどうするべきか―。野生化した馬と高山植物、野鳥など特異な価値を持つ同島について、島の魅力にとりつかれた写真家や学芸員、地域住民らが在り方を考える公開シンポジウムが24日、根室市総合文化会館で開かれたが、結論は出ず保護か活用かは、今後の市民議論にゆだねられた形だ。(略)

 立ち入りが厳しく制限されている同島だけに、根室市教委の外山雅大学芸員は「人が立ち入ることで外来種の進入が懸念される。馬も自然に任せ、人が入る前の姿に戻すべきだ」と自然保護の立場を主張。市文化財調査委員の吉澤善子さんは植物分布調査に同行した際の結果を用いながら「400種が咲き、24の絶滅危惧種もある。高山植物の密度の濃さ、とくに白花品種の多様さは圧巻」と植物の魅力を発信。島の所有者で落石漁協の浄土昭雄専務は「個人的には馬と鳥と植物の関係で何か活用できないか考えている」と述べ、同島の野生馬の馬主で漁業者の庄林泰三さんは「(ミヤコザサを主食にする)馬がいなくなれば、隣のモユルリ島のようにササにおおわれ、花の多様性は失われる。馬を維持するなら今の馬がいるうちが生存率は高まる」とアドバイスした。(略)

岡田敦_ユルリ島_0531
 
 
  1. 2017/05/31(水) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 公開シンポジウム「ユルリ島はどうあるべきか」終了いたしました

ユルリ島_岡田敦

主催:(一社)北海道中小企業家同友会くしろ支部 根室地区会
日時:2017年5月24日(水)18:30~20:30
会場:根室市総合文化会館 多目的ホール(根室市曙町1丁目40)
参加費:無料(※申し込み不要)



 当会では3月に写真家・岡田敦氏を招いた講演会とともに専門家・関係者から報告会を開き、100名を超える市民が詰めかけるなど大きな反響を呼びました。アンケート結果では、「根室の魅力を再発見した」「ユルリ島を文化遺産として発信できないか」など、根室の地域振興に活用したいとの要望が多く寄せられました。また、5月に岡田氏が東川町国際写真フェスティバルにおいて特別賞を受賞し、ますます同島への注目が集まることが予想されます。
 今回、前回の反響に応える形としてシンポジウムを開催し、鳥・花・馬が共存するユルリ島の現状とあるべき姿を、1・自然保護、2・産業遺産としての価値、3・地域振興の視点から、写真家・岡田氏、専門家、関係者にそれぞれの立場から報告していただき、「ユルリ島のあるべき姿(かたち)」を模索します。
 モノ消費からコト消費の時代と言われるように、地域の歴史や観光による地域おこしが注目されております。ユルリ島の自然を守りつつ、新たな視点でユルリ島の価値を見直し、根室の活性化につなげられる機会となればと存じます。


第1部:18:30~19:30
・開催の経緯説明
・報告
 写真家・岡田 敦 氏
 根室市 学芸員 外山 雅大 氏
 根室市 商工観光課長 干野 満広 氏
 落石漁業組合 専務理事 浄土 昭雄 氏
 落石漁業組合 組合員 庄林 泰三 氏
 ねむろ花しのぶ会 会長 吉澤 善子 氏

2部:19:40~20:30
・質疑応答

<お問合せ先>
(一社)北海道中小企業家同友会くしろ事務所
担当:菅尚広
TEL:0154-31-0923
FAX:0154-31-0944
 
 
  1. 2017/05/28(日) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『毎日新聞』2017年5月6日掲載

「写真の町東川賞 国内作家賞に本橋さん 特別賞に稚内生まれ岡田さん」

 東川町は、優れた国内外の写真作品や写真家を表彰する「第33回写真の町東川賞」を発表した。国内作家賞には、東京都在住の本橋成一さん(77)を選出。チェルノブイリ原発事故の被災地で暮らす人々の記録で知られる本橋さんは、炭鉱や魚河岸、上野駅など市井の人々をテーマにした作品も数多く残しており、その姿勢が評価された。

 北海道に由来する活動を取り上げる特別作家賞には、稚内生まれで都内在住の岡田敦さん(37)が選ばれた。2011年から根室半島沖の無人島、ユルリ島で野生馬の撮影を続けた作品などへの評価が高かった。

 海外作家賞は、写真の可視性を問いかける作品で知られるポーランドの若手、アンナ・オルオーブスカさん(31)。また新人作家賞は都内在住の野村佐紀子さん(50)、地域に根ざした写真家を顕彰する飛弾野数右衛門賞には、古里と暮らす人々を撮り続ける千葉県旭市在住の小関与四郎さん(81)がそれぞれ選ばれた。

 賞は、町が「写真の町宣言」をした1985年にスタート。国際的にも評価が高く、美術評論家や写真家ら8人の審査員が、国内の写真家や評論家などから推薦された計179人の作品を審査した。授賞式は7月29日。同日から8月30日、町文化ギャラリーで受賞作品展がある。【横田信行】

https://mainichi.jp/articles/20170506/ddl/k01/040/124000c
 
 
  1. 2017/05/06(土) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 第33回東川賞 特別作家賞受賞

第33回写真の町東川賞 特別作家賞受賞

東川町国際写真フェスティバルにおきまして、今年度の東川賞 特別作家賞を受賞いたしました。
ユルリ島での一連の作家活動が受賞理由になりました。
これまでユルリ島での活動を支援してくださった根室市、根室市教育委員会、落石漁業協同組合をはじめ、根室の多くの方のご理解とご協力に感謝申し上げます。
そして、たくさんの美しい光景を見せてくれたユルリ島と、そこで生きてきた馬たちに、この賞を捧げます。

平成29年5月
写真家 岡田 敦


・東川町国際写真フェスティバル
http://photo-town.jp/higashikawa-prize/prize-special/index.html

・プレスリリースダウンロード(pdf)
http://photo-town.jp/pdf/press-release2017.pdf


岡田敦_ユルリ島_0503a

岡田敦_ユルリ島_0503b
 
 
  1. 2017/05/03(水) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『北海道新聞』2017年3月29日掲載

消えゆく馬 最後まで撮る「ユルリ島に生きた証を」

 根室市昆布盛沖のユルリ島の馬の撮影を続ける写真家岡田敦さん(37)=東京=は11日に根室市内で行った講演で、人や馬のユルリ島との関わりを美しい島の写真とともに紹介した。岡田さんは丹念な取材をもとに「消えゆく馬の記録を写真家として残す」と撮影にかける思いを語った。

 ユルリ島周辺はコンブ漁場で、岡田さんなどによると1950年に島に移り住んだ漁業者が50〜51年ごろ、コンブを島内の干場に運ぶため初めて馬を持ち込んだ。その後、昆布盛側に新しい干場ができ島から人が去り始め、71年に最後の番屋がなくなると島に残された馬たちが半野生化した。

 馬主たちの高齢化で馬の管理が難しくなり2006年、オスが間引され、メスのみ14頭が島に残された。毎年島に渡っている岡田さんの調べによると、馬は年々減り14年から昨年5月まで5頭で推移したが、今月の上陸調査で4頭に減っていることが確認された。

 岡田さんは09年に東京の編集者からユルリ島のことを聞き、いずれ島から馬が消えると知り、「島の記録を残す」と決意。島は海鳥繁殖地で63年に道の天然記念物に指定され、上陸許可を巡る市との交渉は進まず諦めかけたが11年、東日本大震災の被災地で「自然は永遠ではない。馬が生きた証を残さねば」と痛感、再び市と交渉した。11年8月に島の調査を市から委託するという形でやっと上陸許可を得た。

 初めて島に渡った時は「花畑に迷い込んだような美しい世界で、こんな島が日本にあるんだなと驚いた」という。

 岡田さんは1960年代の島の写真や、77〜79年に現地調査した根室高校地理研究部が作成した島の地図、馬を島に初めて持ち込んだ漁業者の妻へのインタビュー動画など、貴重な取材成果も初公開。「多くの家畜が人間に役割を与えられる中、島の馬は自由で幸せ。島の素晴らしさを伝えたい。根室の子がまちの魅力を誇りに思ってもらえるような写真を残したい」と語り、今後の撮影への決意を新たにしていた。

 講演会場では自然保護などの専門家ら7人によるパネル討論もあった。周辺海域の漁業活用のため66年にユルリ島を国から購入した落石漁協の浄土昭雄専務は、漁協として岡田さんに上陸許可を出した理由を「岡田さんの力を借りて島の記録を残そうと考えた」と振り返り、「馬たちを最後まで見届け記録してほしい」とエールを送った。

 岡田さんは北海道稚内出身で08年に木村伊兵衛写真賞を受賞した。講演は道中小企業家同友会くしろ支部根室地区会の主催で、会場の市総合文化会館には約100人が集まった。(相内亮)
 
 
  1. 2017/04/12(水) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『毎日新聞』2017年4月3日掲載

「馬はなぜ死んだのか」

 根室半島沖の無人島・ユルリ島で野生化した馬の撮影を続ける写真家、岡田敦さん(37)の講演を聞いた。

 かつてはコンブを運んでいた馬だが、島が干場として使われなくなるとお役ご免となり、そのまま島に残された。岡田さんは「馬が生きた証しを残すため自分が記録を取っておく必要がある」と2011年から年2回、東京から撮影に通う。

 11年に12頭いた馬は2年間で10頭に漸減した。その後、環境省は島で大発生していたドブネズミ根絶のため13年秋、大量の殺そ剤を空中散布した。

 「(馬は)なだらかに減っていたのに、殺そ剤がまかれて半年で10頭から5頭に減りました」。事実を淡々と語る岡田さん。「素人なので原因を突き止めることはできませんでした」。そう言って無念の表情を見せた。

 1ヘクタール当たり65キロもまかれた殺そ剤。ネズミ以外の哺乳類への影響は限定的とされ「影響を把握した上でまいた」と環境省は言う。一方で馬主は「馬を1カ所に集めてくれ」と事前に申し出があったことを認めた。

 馬の死因は調べられなかった。殺そ剤散布と馬の死との因果関係は、今も分からない。

【本間浩昭】
https://mainichi.jp/articles/20170403/ddl/k01/070/095000c
 
 
  1. 2017/04/05(水) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

■ 『毎日新聞』2017年3月21日

「ドブネズミ駆除作戦成功で“海のカナリア”増加」

 希少な海鳥エトピリカやケイマフリが繁殖する北海道・根室半島沖の無人島・ユルリ島とモユルリ島で外来種のドブネズミ駆除作戦が2013年に行われた後、モニタリング調査でドブネズミが1匹も確認されず、根絶した可能性が高いことが分かった。その後ケイマフリは増加しているが、両島が国内唯一の繁殖地(北方領土を除く)のエトピリカは依然として漸減傾向にあるという。

 両島ではドブネズミが大量発生し、島の生態系に大きな影響を与えている恐れがあるとして、環境省は13年10~11月に殺そ剤を計4回、25メートル以下の間隔でほぼすき間なく空中散布した。

 根室市でこのほど開かれた環境省釧路自然環境事務所主催の報告会で、その後3年間のモニタリング調査でドブネズミは確認されず、自然環境研究センター(東京都墨田区)の橋本琢磨上席研究員は「根絶した可能性が高い」と報告した。使用した殺そ剤は1ヘクタール当たり65キロで、総散布量は15・62トンだった。

 両島は環境省のレッドリストで絶滅危惧1A類に指定されているエトピリカの国内唯一の繁殖地で、美しいさえずりから「海のカナリア」とも呼ばれる絶滅危惧2類のケイマフリも繁殖している。

 このうちケイマフリは、ドブネズミ駆除前の13年春の78羽に対して、駆除後は14年に93羽、15年に140羽、16年に130羽が確認された。環境科学研究センターの長雄一・道東地区野生生物室長は「4年前に比べると増えている」と指摘した。一方エトピリカについては、14年以降の繁殖成功数が両島合わせて10~4つがいで、漸減傾向が続いているとした。

【本間浩昭】
http://mainichi.jp/articles/20170321/k00/00e/040/168000c
 
 
  1. 2017/04/04(火) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連

『読売新聞』2016年12月08日

ドブネズミ根絶可能性 根室ユルリ、モユルリ島

環境省駆除  海鳥の数回復傾向

 根室市のユルリ、モユルリの両島で、島内の生態系に悪影響を与えるとされた外来種のドブネズミが、環境省駆除の取り組みにより、根絶された可能性が高いことが分かった。両島は無人島で、希少海鳥の繁殖地。一部の海鳥の確認数が回復傾向にあるなど、駆除の効果と見られる兆候もあるという。同省釧路自然環境事務所は、再侵入防止に向けて観測を継続することにしている。

 根室半島の付け根の太平洋沖に並ぶ両島は、北方領土を除くと、国内ではほとんど見られなくなったエトピリカや、ケイマフリなどの海鳥の一大繁殖地だったが、その数は大きく減った。現在では、エトピリカの繁殖数は10つがい程度と推測されている。

 海鳥の繁殖数が減った原因の一つに、かつては島内にいなかったドブネズミの侵入、定着が挙げられた。侵入した経路は分かっていないが、駆除の取り組みに着手する前の2013年7~8月に行った調査では、両島でのドブネズミの生息密度がかなり高くなっており、胃の内容物から鳥類を食べていることも分かった。

 駆除の作業を行ったのは同年10~11月で、殺鼠剤を空中から複数回に分けて散布した。14年度から駆除後の生息状況を観測し、その結果、16年度まで3年連続でドブネズミの個体が確認されなかった。このため、同省では根絶の可能性が高いとの判断を下した。殺鼠剤によるほかの動植物への影響は見られないという。

 駆除の効果については、13年度に114羽だったケイマフリの確認数が200羽前後に増え、回復傾向が認められた。一方、エトピリカは引き続き減少傾向にあり、こちらはドブネズミ以外の要因が考えられるとしている。

 これらの結果は、11月14日のエトピリカ保護増殖等検討会で報告された。検討委員の小城春雄・北海道大名誉教授は「駆除が成功したとすれば、喜ばしいことだ。失敗(再侵入)しても繰り返すことが重要だ」と話していた。
 
 
  1. 2017/04/03(月) 00:00:00|
  2. 作品「ユルリ島」関連
次のページ