写真家 岡田敦 - Office Okada | Official Blog

I kiss the world by taking the photograph

写真家・岡田敦『MOTHER』が伝えるTrues / 木下 恵修

写真家・岡田敦『MOTHER』が伝えるTrues / 木下 恵修

1 『MOTHER』
 2014年に発売された『MOTHER』(柏艪舎)は、2008年に木村伊兵衛写真賞を受賞した『I am』(赤々舎)、2012年の『世界』(同)とともに、三部作を成す柱のひとつと考えられる。岡田はこれまでの作品で、内なる感情や生、存在、死、また崇高なるものなどと併存または内包される普遍的な美にアプローチしてきた。三部作の集大成とも言うべき今作は、ひとりの女性が出産する過程をルポルタージュのようにまとめ、「母なるもの」への大いなるリスペクトを示した。
 写真集には、出産のために病院へ向かうところから出産後の安堵、幸福に満ちた空気感までが収められており、岡田は時間軸上で撮影したカットのほぼすべてを採用したという。そのことが、いっそうのリアルなストーリー感を醸し、まるで暗転のない舞台を見ているかのようだ。BEAMS B GALLERY(東京および札幌)で行われた同作品のエキシビションでは、前作『世界』に収録された妊婦などのカットを含め展示し、三部作としてのつながりや輪廻する観念を表現しているように感じられた。
 ここでいう輪廻する観念とは、作品づくりへの姿勢そのものと言っていい。「出産は、写真を始めた二十歳のときから撮りたいと思っていた対象であった」と岡田は振り返っているが、それを読者に予見させるかのように写真集『I am』の冒頭には妊婦の姿を配し、『世界』にも出産シーンを織り交ぜている。ただし、写真集『世界』に収録されている出産シーンは、未知なる世界との境界線上を示すかのごとく、暗く荘厳なイメージを持っているのに対し、『MOTHER』には、人(人生)の起点としての出産、産む痛み、そこにある生死観、それらすべてを包括するような喜びと明るさが見える。 「自分」という存在(I am)、「自分」が含まれる場所・トポス(世界)からの、歴史を紡いできた人間の営みや普遍を象徴する存在としての『MOTHER』。まさに『I am』から7年の時を経て、必然のテーマとして一回りし戻ってきたのだ。


続きを読む:
https://www.facebook.com/okadaatsushi.official/posts/700991983338903
 
 
  1. 2015/06/15(月) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 岡田敦個展「MOTHER – 開かれた場所へ」終了いたしました

#岡田敦 #MOTHER

岡田敦個展「MOTHER – 開かれた場所へ」終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
展示の機会をあたえてくださったCAI02の端聡さん、
スタッフの佐野由美子さんに心から感謝いたします。

写真家 岡田敦
 
 
  1. 2015/03/04(水) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ ART AleRT SAPPORO / 写真家 岡田敦

ART AleRT SAPPORO / 写真家 岡田敦
被写体との対峙から生まれる作品、その強さの源泉とは

INTERVIEW February 27, 2015

2008年、現代の若者の姿を真正面から捉えた写真集「I am」(赤々舎)で木村伊兵衛写真賞を受賞したことも記憶に新しい北海道出身の写真家 岡田敦さん。
昨年出版された出産の瞬間をテーマにした写真集「MOTHER」(柏艪舎)は、美術、写真表現の自由や規制についても大きな話題になっています。
2015年2月、北海道立近代美術館で開催中の展覧会「もうひとつの眺め(サイト) - 北海道発:8人の写真と映像」、また現代アートギャラリーCAI02で個展「MOTHER - 開かれた場所へ」を開催中で札幌に滞在された岡田さんに、被写体に真正面から向き合い生まれる写真作品の力強さと、そのテーマ性などについて伺いました。

◻︎ 続きはこちらからお読みください
http://artalert-sapporo.com/features/post/20

インタビュー:小坂祐美子
撮影:小島歌織
 
 
  1. 2015/03/03(火) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 写真集『MOTHER』/ メディア掲載情報

『北海道新聞』2015年2月18日(水曜日)

#岡田敦 #MOTHER

写真集「MOTHER」出産の瞬間と向き合う
規制したら芸術は生まれない


 札幌出身の写真家・岡田敦さん(35)をゲストに招いたシンポジウム「表現の自由はどこまで許されるのか」が、札幌市時計台ホールで開かれた。出産の瞬間に真正面から向き合った岡田さんの最新写真集「MOTHER」(柏艪舎)を題材に、表現の自由を守る必要性を語った。(略)
 「MOTHER」の東京展では「お母さんが3歳の娘と一緒に床に座って話をしながらスライドを見てくれた」「産むかどうか悩んでいるめいの考えが変わるかもと、おばさんが一緒に見に来てくれた」と明かし、「こういう光景は規制したら生まれなかった。僕や主催者の想像を超える反応が生まれた時に芸術の可能性を感じる」と語った。(略)
 「自殺やいじめのニュースを見るたび、『MOTHER』 を見てもらえたら何かが変わったかもと思う」と話す。「問題を恐れて作家が作品を創らなくなったり、問題が起こりそうな作品を美術館やギャラリーが展示しなくなったら、新しい芸術は生まれない。お客さんも来なくなり、お互いに首を絞めることになる」と指摘した。


文化部・岩本茂之
 
 
  1. 2015/02/19(木) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 岡田敦個展「MOTHER – 開かれた場所へ」札幌

写真展のお知らせです・CAI02(札幌)

2月14日から札幌にあるCAI02にて個展を開催するはこびとなりました。
2月14日(土)にはオープニングパーティーを予定しております。
どなたでもご参加いただけますので、お気軽にお立ち寄りいただけると嬉しく思っております。



#岡田敦 #MOTHER


・オープニングパーティー:2月14日(土)19:00〜22:00


岡田敦個展「MOTHER – 開かれた場所へ」

期間:2015年2月14日(土)〜2015年2月28日(土)
開館時間:13時00分~23時00分
休館日:日曜、2月21日
会場:CAI02 
住所:〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビルB2
TEL:011-802-6438
主催:CAI現代芸術研究所
HP:http://cai-net.jp/


* オープニングパーティー:2月14日(土)19:00〜22:00
  展示作品の販売もしております



「MOTHER – 開かれた場所へ」

 本展は2014年11月に東京のB GALLERY(BEAMS JAPAN)でおこなわれた写真展「MOTHER」の巡回展にあたります。ある夫婦の出産の過程を克明に追った本作品は、同時刊行した写真集「MOTHER」(柏艪舎)を含め、各メディアで大きくとりあげられ話題となりました。
 本来であれば、北海道立近代美術館から出品依頼を受けていた展覧会「もうひとつの眺め(サイト) - 北海道発:8人の写真と映像」での展示を考えていましたが、美術館との話合いの結果、作品内にある分娩シーンの展示が公共の場である美術館では難しいという結論に至り、美術館での「MOTHER」の展示を断念いたしました。
 メディア等でも昨今話題になっている通り、表現における自主規制が進む近年において、公的機関である美術館に相応しい作品とはなにか、批判なく誰にでも受け入れられる芸術とはなにか、作家として改めて考える機会となりました。“人々が集まれば会話が生まれる、その度により深いことが思考される”。それこそが芸術において最も素晴らしいことだと思っています。自分が生まれ育った北海道という場所で、芸術の存在意義、芸術を発表する場の存在意義をもう一度考え直してみたいと思いました。今回のCAI02での展示にあたり、より深い対話と変化が北海道という地に生まれることを期待します。


写真家 岡田 敦


#岡田敦 #MOTHER


岡田 敦 写真家 芸術学博士

1979年 北海道生まれ、東京都在住
2002年 富士フォトサロン新人賞受賞
2008年 第33回木村伊兵衛写真賞受賞
2014年 北海道文化奨励賞受賞

Official Facebook
https://www.facebook.com/okadaatsushi.official

:::::::::::::::::::::
 
 
  1. 2015/01/29(木) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 写真集『MOTHER』/ メディア掲載情報

「週刊読書人」(1月23日号)書評掲載

出産を記録したドキュメント
ここまで赤裸々に、連続的に提示したものはこれまでにも類をみない

評者 楠本亜紀氏(写真評論家)


#岡田敦 #MOTHER
 
 
  1. 2015/01/24(土) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 『MOTHER』感想受付

写真集『MOTHER』、写真展『MOTHER』に対する
ご意見やご感想はこちらまでお寄せください。

・MOTHER感想受付
office_okada_mother@yahoo.co.jp

Web、冊子、書籍等でご紹介させていただく場合がございます。
お名前、ご意見、ご感想、年齢の非公開を希望される方は、文章末尾にその旨をお書き下さい。
 
 
  1. 2014/12/27(土) 00:00:01|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 写真集『MOTHER』/ メディア掲載情報

『朝日新聞』2014年12月27日

#岡田敦 #MOTHER
 
 
  1. 2014/12/27(土) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 写真展「MOTHER」ビームス札幌 終了いたしました

#岡田敦 #MOTHER

#岡田敦 #MOTHER

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。
展示の機会をあたえてくださったビームス札幌店の玉川マネージャー、
田畑店長、スタッフの皆様に心から感謝いたします。

写真家 岡田敦
  1. 2014/12/24(水) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連

■ 写真展「MOTHER」札幌巡回展のお知らせ

写真展「MOTHER」in BEAMS 札幌

2014年12月9日(火) ~ 21日(日) 11:00-20:30 (会期中無休)
〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西3丁目8-11 1F・2F
TEL:011-252-5111
http://www.beams.co.jp/shops/detail/beams-sapporo

#岡田敦 #MOTHER

いま最も注目すべき写真家の一人、岡田敦の写真展を「ビームス 札幌」で開催します。11月 にBギャラリーで発表した最新作「MOTHER」は、「人間が生まれてくる瞬間を撮影したい」とい う彼の強い思いによって、2008年に一人の女性の出産の過程を追った作品です。 第33回木村伊兵衛写真賞を受賞した「I am」(赤々舎/2007年)と「世界」(赤々舎/2012年)の 間に撮影された本作は、自分がこの世に生まれてきたこと、生んでもらったこと、今この瞬間 に生きているということを、知識としてではなく“事実”として鑑賞者の心に訴えます。 岡田敦の最新作にどうぞご期待下さい。

【写真集発売のお知らせ】
タイトル: 「MOTHER」
著者: 岡田敦
発行: 柏艪舎
価格: 本体3,800円(税込4,104円)

【岡田敦(おかだあつし)/写真家・芸術学博士】
1979年、北海道稚内生まれ、札幌出身。2002年、富士フォトサロン新人賞受賞。2008年、第33回木村 伊兵衛写真賞受賞。2014年、北海道文化奨励賞受賞。大阪芸術大学芸術学部写真学科卒業。東京 工芸大学大学院芸術学研究科博士後期過程終了、博士号取得(芸術学)。2007年、写真集「I am」 (赤々舎)、2010年、写真集「ataraxia」(青幻舎)、2012年、写真集「世界」(赤々舎)を発表。映画「ノルウェ イの森」(原作:村上春樹、監督:トラン・アン・ユン)の公式ガイドブック(講談社)の撮り下ろし企画を手掛 けるなど、海外からの注目度も高い、新進気鋭の写真家である。著書、展覧会多数。 http://www2.odn.ne.jp/~cec48450/
 
 
  1. 2014/12/21(日) 00:00:00|
  2. 写真集「MOTHER」関連
次のページ